+IMG_7946-2200.jpg

​胃カメラ
​(胃内視鏡検査)

胃カメラについて

+IMG_7894-600.jpg

​吐気の少ない
鼻からの胃カメラ

当院の胃カメラは、基本的に鼻から細いカメラを挿入する経鼻法を採用しています。カメラが喉の奥を刺激しないため「オエッ」となることなく、苦しまずに安心して検査を受けていただけるよう努めています。

 

また当院では、口からの胃カメラ(鎮静剤を用いた経口法による内視鏡検査)にも対応しております。経鼻法による検査が困難な場合など、状況に応じ適切な方法で対応いたします。

+DSC_0992-1200.jpg
胃内視鏡検査​(胃カメラ)とは

一般的に「胃カメラ」とよく言われますが、正式には「上部消化管内視鏡検査」と呼称します。名前の通り、胃を観るばかりでなく、食道から、胃、十二指腸までの消化管を観察する検査です。

胃カメラは、胃などにできるがんの発見に高い効果を発揮します。がんの早期発見のために、定期的に胃カメラ検査を受けれることをお勧めしています。

 

当院の胃カメラ
5つの特色

内視鏡専門医による検査

 

質の高い内視鏡検査をより多くの患者さんに受けていただけるよう、大学病院内視鏡科の専門医・指導医を招聘し、受診しやすい体制を整えています。

苦しくない鼻からの内視鏡

鼻から細いカメラを挿入するため、喉の奥を刺激せず吐気が少ない検査です。用いる麻酔が少量であるため、体への負担も少なく、検査終了後は早く回復します。

高性能内視鏡機器

ハイビジョンとNBI(狭帯域光観察)機能を搭載したオリンパス社製内視鏡システムを使用し、精度の高い検査を目指しています。また小径カメラにより苦痛の少ない胃カメラ検査を実現しています。

徹底した​衛生管理

内視鏡の洗浄・消毒に関するガイドラインに則り、内視鏡洗浄機にて各検査ごとに洗浄していますので、安心して検査をお受けください。

高次医療機関との連携

内視鏡検査により、さらに精密な検査や手術が必要になった場合には、町田市近隣の医療機関や、がん研有明病院等の専門医療機関と連携し診療にあたらせていただきます。

経鼻内視鏡 イメージ.jpg

胃カメラ検査をする意味

胃カメラ検査は、胃がん、食道がん、などの癌(悪性腫瘍)の発見に、非常に高い効果を発揮します。バリウムなどの検査と異なり臓器の中を直接観察するため、胃カメラは特に精度の高い検査です。がんの他にも、胃潰瘍や、胃炎、ポリープ、逆流性食道炎の診断にも胃カメラは有効です。これらの病気が疑われる場合には必要に応じて検査を勧めさせていただきます。

またピロリ菌の治療を保健適用で行うには、事前の胃カメラ検査が必須となっています。

22575085_s.jpg
 

経鼻内視鏡検査(鼻からの胃カメラ)について

当院での胃カメラは基本的に鼻から挿入する「経鼻法」で行っております。経鼻法では、カメラが喉の奥を刺激しないため「オエッ」と吐気を催すことが少なく検査を受けられます。

麻酔は少量を鼻腔のみ行います。検査中は意識があり、口が塞がっていないので、医師との会話も可能です。

検査時間は5分程度です。原則眠くなる麻酔は行わないので、すぐに帰宅できます。検査結果は後日外来にて説明いたします。

e-経鼻内視鏡s.jpg
経鼻挿入イメージ.jpg

なお、鼻腔が狭い方は経鼻法では検査ができないことがありますので、その場合は口から挿入する経口法に切り替えて検査いたします。

検査後、鼻の内側の痛みや鼻血が出ることがありますが、通常数分で治まります。

検査当日は自動車や自転車の運転が可能です。

内視鏡検査を受けていただくには、原則的に事前の診察が必要となります。

 

まず外来診察を受診いただき、その上で検査日を予約させていただきます。

〈胃カメラ・大腸カメラと診察の予定は、予定表をご覧ください〉

強い痛みを感じるなど緊急性が高い場合は、まずはお問合せください。

胃カメラ検査を受けるには

検査の費用

胃内視鏡検査(胃カメラ)の費用 〈3割負担の場合〉

費用は​検査の内容により前後しますので、多めにご用意ください。

お支払いは現金のみとなります。